アコースティックデュオ・冬支度 blog: 日記 (安田支度)

2010年02月24日

鰻谷sunsui「食卓とユリイカ」

鰻谷sunsuiで演奏してきました。

昼間に練習してたんですが、
花粉症で咳が止まらず、声がガラガラ。
これはマズイなぁと思いながら色々と歌い方を変えたり
試行錯誤を繰り返してたら、
マイクを高い位置に向けちょっと上を向く感じで歌うと
咳が出ない事に気が付いた!ガラガラ声はなんともならないけど、
歌ってる途中に咳き込む事は無さそう。なんとかなりそう!

夕方に開場入りしてそのままリハ。
機材が豪華でモニターの返りも良好!音の良さに驚く!
出番までマスクとノド飴などで備える。

この日はトップバッター。
熱いお茶を飲みつつ演奏は進み、
「それでは最後の曲です・・・」などとMCをしている時に突然
非常ベルがけたたましく鳴り響きました。
何!?逃げたほうが良いの!??
程なくしてベルは鳴り止む。
演奏中じゃなくて良かったー。ついてますね、我々。

この日のイベントは色んなジャンルの出演者の方々で
自分は最初から最後まで観させてもらったんですが、
どの方々も凄く良かったです。

ノスタル人さんの独特の歌詞の雰囲気が頭に残りました。
サポートのギターの方とのコンビネーションもばっちりで
後期ビートルズを感じさせる楽曲に
暖かい歌声がとても合ってるんですよね。
そこにジョージハリスンのような
効果的なスライドギターが絡みます。
箱庭ポップスのようで宇宙に向いてる感じ。
入り込んで観ていたらあっという間でした。

この日のフードで出店されてたマッカーサーアコンチの
アチャコさんの「天竺カレー」、も激辛ウマで
3皿注文して3人で食べてたんですが、
3人で美味い!辛い!ビールに合う!という言葉を繰り返しながら
食べつくしました。

玉造のゲストハウス「由苑」でもカレーをだされてるらしいので、
近いうちに是非とも食べに行きたいです。


2010年02月21日

ギャルリーチガーヌでライブ

南船場のカフェレストラン「ギャルリーチガーヌ」でライブでした。
入り口の壁前面が窓で光が入り込む中、演奏する様は、
まさにイベント名「ひるさがりの庭」といった雰囲気。
店内にはアップライトベース、アコギ、ティンホイッスル、
エレキギター、鳴り物色々、などが置かれてあり、
日によってはアイリッシュのセッションなんかも
あったりするそうです。興味そそられるなー。
そしてお店の方の人柄も凄く良くて益々やる気が出る。


毎年恒例、花粉症。
自分の場合、目と鼻以外に咳が止まらなくなるんで
この季節は大変。
咳対策に演奏前に熱いコーヒーを入れて頂きそれを飲みつつ演奏しました。
新しい曲を演奏後、MCでサイトウに
「歌詞間違えたね?」と言われたんですが自分的に間違えた覚えも無く。
おっかしいなぁと思い、後からその日の演奏を録音した音源を聴いて
確認したら分かりました。
この日のライブの数日前に歌詞変更したのをサイトウに伝えてなかったんでした。
「なんにもない日」という曲です。

この日の共演は、1月にも共演した島田温泉さん、
前から気になっていた「さんましめさば」「森田雅章さん」。

島田さんの「夢の後」(タイトル間違ってたらすんません!)という曲が
凄く良くて、こんな曲を作りたいなぁと思いながら聴いてました。

森田さんは、洋楽の日本語対訳のような歌詞の雰囲気に掴まれました。
昔の黒人ブルースマンのような濁声で歌う曲があったり
アーシーな雰囲気が自分好み。
「森田雅章とトラディションカントリーバンド」のライブも
是非とも観てみたいなぁ。

さんましめさばのお二人。
タケヤリさんのギターのアルペジオも
オクムラさんの声も絶妙で淡々と進みつつも熱い。
「さんましめさばがイギリスの夜で冬支度がアメリカの昼」とは
島田さんのお言葉。

楽しい昼下がりの後は島田さん達と
心斎橋で軽く打ち上げして帰りました。




2010年02月14日

冬越えコンサート#02バレンタインブルー編

「冬越えコンサート#02バレンタインブルー編」でした。
12時前に会場のコレクタブルブックストアに集合。
機材のセッティングをしてリハをしてあっという間に開場時間。
毎度の事ながら、お客さんが来てくれるかドキドキする時間帯ですね。
開演時間には満員御礼!!
椅子が足りなくなって立ち見のお客さんもいらしたので、
今後その辺、改善していかないといけないなぁ。

冬支度はトップバッター。
冬越えコンサート、毎回恒例のお題にそったカバー。
今回はバレンタインデーという事でお題は「ラブソング」。
我々は谷山浩子さんの「恋するニワトリ」を。
今回カバーするまで自分はこの曲を知らなかったんですが、
凄く良い曲ですね。
そしてギターのコードチェンジが激しくて難しい!
冬支度のどの曲よりも難しい!

続いてナイロン弦で弾き語るSSW鈴木数字さん。
昨年末に偶然、数字さんが演奏してるのを目撃して
楽屋に戻っていく所をつかまえて
その場で出演オファーをしたというぐらい衝撃だったのですよ。
のらりくらりとMCを交えつつ弾き語っていく。
歌詞の言葉選びのセンスが凄くてみんな参ってましたね。
どの曲も絶対に一箇所、ひっかかって残る部分があるという。
恒例カバーは、かまやつひろしさん「なんとなくなんとなく」。
持ち時間の最後にこの曲を淡々と歌う様は
カバーとは思えないハマリよう。
楽しい時間はあっという間に過ぎるものなのか
あっという間に持ち時間が過ぎてしまいました。

トリは冬越えコンサート・レギュラーの
「増家真美さん+水田十夢さん」
最近よく歌っている「虹」という曲があるのですが、
今回、この曲を演奏する前に、この曲にまつわる由来をMCで話してたんですよ。
息子さんがお腹にいるときに作った曲という事で、
それを踏まえて聴くと今までとは違った趣がありました。名曲ですなぁ。
この日、十夢さんはウッドベース。ピアノとウッドベースの相性抜群。
恒例のカバーは、ブルーハーツの「真夜中のテレフォン」
ベーシストの河ちゃんが歌う隠れた名曲を十夢さんのボーカルで。
最近、定期的にライブをしているので、近いうちにまた観にいこう。


最後に全員で細野晴臣さんの「恋は桃色」を。

とても楽しい一日になりました。ありがとうございます!

2010年02月11日

ハードレインでライブでした

梅田ハードレインでライブでした。
ハードレインで演奏させて貰うのは久しぶりですが
この日はあいにくの雨。
傘をたたみ階段を降りて店に入った瞬間から
やはり雰囲気が独特で良いのですよねぇ、ここは。

我々の出番は2番手。
初めて演奏した新曲は、
Aメロをサイトウが歌い、サビを自分が歌う。
1曲のメインボーカルを2人で分けて歌うのはこの曲が初めて。
こういうのも、なかなか面白いですね。
サビの歌詞が出来たのが数日前で
歌っていて若干歌詞を飛んでしまいました。

ほかには最近演奏してなかった「今は思う」を
久々に演奏してみましたが新鮮な感じでした。
もっとやろう。

共演の方々のライブもじっくりと観させて貰いました。
良い夜でしたね。

2010年01月20日

2/14冬越えコンサート#02 バレンタインブルー編

先週の土曜に今年に入って二度目のモリ商店のインドカレー。
冬支度の練習に行く途中に西天満を通るんで、
ついつい寄ってしまいます。
この日は「チキンカレー」と「鶏挽肉と根菜カレー」の合いがけを。

ネットで検索してて知ったんですが、
店主のモリさんは、インド料理屋デリーで修行されてたんですね。

デリー社長のブログ

また行こう。



話変わって我々「冬支度」、
今年一発目のイベントを開催します!
場所はおなじみ環状線・野田駅前の古本屋「コレクタブルブックストア」
もはや冬支度のホームグラウンドですよ。
許可は取ってませんが言ったもん勝ちですわ。


2010年2月14日(日) 
『冬越えコンサート#02 バレンタインブルー編』

場所 コレクタブルブックストア

出演:増家真美+水田十夢(from TOCHIKA)、鈴木数字、冬支度

開場:14時半 開演:15時

入場料金 1000円(1ドリンク&1チョコ込み)
予約不要ですので、当日ふらりとご来場下さいませ。

この日はバレンタインという事で出演者各々の持ち時間に1曲
「ラブソング」のカバーをします。
そして最後には出演者全員で1曲演奏します!



出演は、昨年末の「冬越えコンサート#01」にも出演して頂いた
「靭公園の女ランディニューマン」との異名を持つ
増家真美さんと水田十夢さん(from TOCHIKA)のデュオ。
ピアノの語り弾きとアップライトベースに咽び泣く事しかり!
昼間のイベントだけど、きっと焼酎が呑みたくなるのです。

もう一人は鈴木数字さん。
youtubeに動画がアップされてましたんで、
そちらをどーぞ!


「隣の席の人には聞こえてない♪」という歌詞の
「ないっ♪」の部分の歌い方がなんとも良いのです。


お暇でしたらよろしくどーぞ!!

2010年01月18日

昼下がりのライブ

昨日はコレクタブルブックストアでライブでした。
昼下がりの15時ごろから始まって18時ぐらいに終わったんですが、
大きな窓があるんで、日が暮れてくるにつれ
会場が暗くなってゆくんですよね。
それが非常に良かったです。

冬支度はトップバッター。
共演の浜谷俊輔さんは普段はソロの弾き語りで、
この日はブラシドラムの森川健太さんとのデュオでの出演。
リハを見てたら、森川さんのブラシプレイが
シンプルで凄くいい感じ。
「良かったら冬支度でも1曲参加してもらえませんか!」と
お願いしたら快諾してくれました。

「こんな風に」という曲を3人で演奏したら
楽しいこと楽しいこと。
人柄も申し分無し!
今後も機会あれば是非とも参加して頂きたい!

共演の「かさい(セロテープス)」さん、
浜谷俊輔さん&森川健太さん、島田温泉さんも
素晴らしいライブをしてくれ良い1日になりましたわ。
島田さんは夕暮れの中の演奏が似合うなぁ。


次回の冬支度のライブは
2月11日(木・祝日)に梅田ハードレインです!

よろしくどーぞ!!

2010年01月07日

myspaceにアップしました

久々にmyspaceに新しい曲をアップしてみました。
「浜辺」というタイトルでここ最近ずっとライブで演奏してた曲を
数日前の練習でリアレンジして、タイトルも「とある日」としました。

早速、今日のknaveのライブで「とある日」を演奏したら
慣れてないからかミスをしてしまいましたよ・・・。

2010年01月01日

おめでとうございます

大晦日から実家に帰省中です。
帰省と言っても大阪の我が家から奈良の実家まで
1時間程の距離なのでお気楽な帰省ですよ。

夕方に姉も帰ってきましたが
年を越す前に実家を後にし大阪へ逆戻りするんですと。
そんな姉の強行スケジュールに合わせ
安田家の大晦日の晩餐は、おせち、お雑煮、年越しそばが
同時に並ぶというよく分からない展開に。

そして自分、風呂から上がったら0時10分。
やってしまった。
湯舟で知らぬ間に年を越してしまっていましたよ。

なんとも締まりの悪い年越しですが、
今年もよろしくお願いします。

冬支度ですが、
年明け1月6日に南堀江knaveでライブです。
よろしくどーぞ!

2009年12月31日

1/17にライブをします!

1月17日(日曜) にJR環状線野田駅前の古本屋
「コレクタブルブックストア」の2階でライブします!

出演:
島田温泉
かさい(セロテープス)
浜谷俊輔
冬支度

入場料無料(1ドリンク500円のみ)

当日は1階の古本屋も営業しておりますのでお気軽に是非是非!!

2009年12月21日

冬越えコンサート#01

日曜はコレクタブルブックストアでライブでした。

「冬越えコンサート#01」という
コレクタブル店主や友人達と一緒になって
企画していったイベント。

本番の数日前にスピーカーのコーンがビリビリ言うようになって
大慌てで新しいスピーカーを購入したり、
突然の寒波到来で急遽石油ストーブを手配をしたり
ホットドリンクのメニューのアイデアを出しあったり、
なんか学生時代に所属していた
フォークソング部の学園祭の準備を思い出してしまいましたわ。

なんとか無事終了した今の気分は「祭りの後」というか
ホっとしたような寂しいようなそんな感じでしょうか。
今日は夕方から飲みにいってきました。


「自分達がライブを観たいミュージシャンにご出演頂く」
という当たり前といえば当たり前なコンセプトで出演して頂いた
TOCHIKAの皆さん、増家真美さん、浜谷俊輔さん。
皆さん歌詞がグッと来るというか、そういうのが自分は大好きなので
最初から最後まで全部ガッツリとライブを観させて貰いました。
石油ストーブのにおいが似合う音楽でしたねぇ。

滅茶苦茶楽しかったから、絶対またやろう。

2009年12月10日

モリ商店でインドカレーを食べた

自分の大学時代の先輩の高校時代の同級生の方が
西天満でインドカレー屋を開店されたという話を聞き、
早速食べに行ってきました。
自分はマスターとは面識が無いんで、
美味かったら自分の名を名乗ろう、
まずかったら名乗らずにそのまま帰ろうと決め入店。

いわゆるインドカレー屋のイメージ(なんとなく分かる?)
とは違う小奇麗な雰囲気の内装が気持ちよい。
店頭に置いてある看板も白地に緑の可愛い文字で雑貨屋さんのよう。
オフィス街だけあってサラリーマンとOLさんでほぼ満員状態。

注文したチキンカレー(大盛り)は、
大きなチキンが二つドーンと乗っており、
付け合せにピクルスやオニオンスライスがついていて、
ご飯の量もたっぷり!

カレー自体の味も言うなれば日本人の口に合うインドカレー。
スパイシーながらも非常に食べやすい味。
たっぷり頂き、帰り際に「実は私、○▲×さんの後輩でして…」
と名を名乗り店を後にしました。
名を名乗ったという事はそういう事ですよ。

知り合いの知り合いというのを抜きにしても
十分満足な美味しいカレーでこれからちょくちょく利用しそうです。
冬支度の練習に行く途中に店があるんで凄く便利。

北浜にある「モリ商店」というカレー屋さんです。

住所:大阪府大阪市北区西天満4丁目3-9 ⇒地図

2009年10月30日

デッドな音

昨日は南堀江knaveでライブでした。

昼の12時からアメリカ村のスタジオで練習して歩いてknaveまで。
昼ごはんをどのタイミングで食べようかと思ってたら
あらよあらよと食べ損ねて、ありついたのがリハ終わりの16時過ぎ。
knaveのすぐそこにあるオムライスの北極星へ。
オムライスって半熟玉子なのが主流となって久しいですが、
ここのは昔ながらのかっちりと焼かれた玉子に包まれてるのがいいですよね。
ジャパニーズ・オーセンティックスタイル、美味い。


我々の出番は3番手。
出番15分ぐらい前、楽屋で楽器の準備をしていたら
サイトウがフルートを落っことしてしまい
一定の音域で出なくなってしまいました。
この日は「こんな風に」「初雪」の2曲フルートの曲をやる予定だったんですが、
「初雪」がズバリその出ない音域を使う曲!!
緊急会議で急遽1曲差し替え。
「初雪」を止め「今は思う」というアコーディオンの曲を。

そんなトラブルがありつつも
ライブはPAの返りが無茶苦茶良くて気持ちよく演奏できましたよ。
初めて演った小沢健二の「地上の夜」のカバー(Vo:サイトウ)も
危ういながらも無事なんとか。
この曲、演奏してると無茶苦茶気持ちよいのですよ。


70年代初頭のSSW系のデッドな音に憧れがあるんで、
今までライブではリハの時に「リバーブは極力抑えてください」
と注文していて。
ライブ終了後に店長さんとお話させてもらって意見やアドバイスを伺い、
今後はあまりこだわらずにPAさんにお任せした方がいいな、
と思いましたわ。
特にサイトウの声はリバーブかけた方が映えるんですよね。

色々と考えてやらんといかんなー。



冬支度の次のライブは
11月15日(日)、梅田レインドッグスです。
レインドッグスで演奏させて貰うのは昨年8月以来。

よろしくどーぞ!!

2009年10月04日

Collectable Bookstore大阪でのライブ

先週の日曜日はJR環状線・野田駅前の古本屋
「コレクタブル・ブックストア大阪」の開店イベントに冬支度で出演させてもらいました。
昔からの友達がオープンした店のイベントなんで、
自分は機材購入などイベントの準備期間から手伝いをしてたんですが、
当日、リハでスピーカーから音が出ないトラブルなど焦る事多数。

本番はトップバッターに「月とミルクパン」。
いつもは男女ボーカルにエレキギターやガットギター、ドラムという編成なんですが、
この日はガットギターとピアニカやタンバリンを使ったアコースティック編成。
いつものライブハウス編成も良いですが、
アコースティックもまた味わいあるんですよね。
二人の声が気持ち良い華やかな演奏で
この店の初演奏を飾ってくれました。

次に我々冬支度。友人家族が観に来てくれて、
その息子さん(3歳)が演奏中に「いぇーーぃ」など絶妙のタイミングで
合いの手を入れてくれるんで俄然、我々も盛り上がってしまいました。
ミュージシャンのご夫婦の息子さんだけにこれは血筋ですねー。
今日の「踊る!ヒット賞!!」は彼で決まり。
自分はいつもライブとなると滅茶苦茶緊張するのに
この日は凄くリラックスして演奏できました。
これは収穫だ。

トリは「持田桐とくにきまちことトミーでブギーな松永ケイゴ」
アコーディオン、ノコギリ、クラリネット、アコギ、の4人での演奏。
民俗音楽のような異国の雰囲気と店の雰囲気がマッチしていました。
アコーディオンの持田さんはボタンアコーディオンを使用していて
それが凄く上手くて良い音色してたなぁ。
リラックスしつつ巧みな演奏がお酒と凄くマッチしてました。

終演後、店の前で軽く飲んでたらどっと疲れた出ました。
この日、観に来て下さった方々、
そして、おにぎり、マフィン、ドーナツなどなど、
差し入れ下さった方々、ありがとうございましたー!



次回の冬支度のライブは10/29(木)南堀江knaveです。
楽しいイベントなんで宜しければ!!

2009年09月07日

バンバンバザールを観たのだ

先日カフェ・マーサでバンバンバザールのライブを観てきましたよ。

この日は「ウクレレ・バンバンバザール」
「ウクレレ」と銘打っていてもギターの富永さんが
ウクレレをギターのように巧みに弾くんでいつも通りのバンバン。
音だけ聴いてたらガットギターでも弾いているような神業レベル。

「やっぱり人の曲はいいねぇ、自分達の曲は駄目だ」
とペテン師のような口調で話すボーカルの福島さん。
七割ぐらいカバーだったんじゃないかな。
薬で捕まった人の曲を演りますと言って
即興で清水健太郎やシャネルズの曲を演っちゃうし、
前半なんて曲を演ってる時間より喋ってる時間の方が長いし、
聴きたかった「ニューオリンズにて」も演ってくれたし、
もうなんか最高だったなぁ。
笑ってグッときてホロリともさせられる。
トリオの理想の形を見せてもらいましたわ。



この日の模様がすでにYouTubeにアップされてました。
小坂忠さんの「機関車」のカバー。
これがもう染みる染みる。



「ニューオリンズにて」

2009年09月05日

タイ・フェスティバルへ

天王寺公園で行われている
タイフェスティバル2009」に行って来ました。
最近暑さもマシになってきてたのに
今日は夏が舞い戻ってきたかのような炎天下!
しかしこの炎天下も「タイのフェスティバル」と考えれば
より本場に近い雰囲気が味わえるってもんですよ。
前向きだぜ、自分。

天王寺公園は見渡す限りタイフードの屋台で一杯。
日本で営業しているタイ料理屋が屋台を出してるんで
料理はどれも本格的。ギラギラと照りつける太陽の下、
激辛タイフードをシンハビールで流し込む。
タピオカドリンクの甘さが日差しを浴びた体に効く。
うーん、たまらん。

気取って、タイに旅行した時に覚えた簡単なタイ語で注文してみたら
タイ人の店員さんは日本在住ゆえ、流暢な日本語で対応してくれました。

明日日曜日も開催されてますんで宜しければどーぞ!


冬支度ですが次のライブは9月27日の日曜日。
場所はJR野田駅前の古本屋「コレクタブル・ブックストア大阪」。
1階が古本屋、2階がその古本屋のフリースペースとなっており
その2階で演奏します。4組出演予定でお酒も出ますよ。
詳細が分かり次第、アップします!!

2009年09月04日

解約

長年契約していたスカパーを解約しました。

現在スカパーでレギュラーで観てる番組は
ダチョリブレ」  「アロハ天国」  「ガムシャラ旅行団
の3番組しかないという現実。

音楽関係は今やYou Tubeで満足。
スポーツはニュースを観りゃ十分。
お笑い番組は地上波の番組を消化していくのに手一杯。
映画チャンネルはむしろ無理やり観てる感じ。

「ダチョリブレ」が観れなくなるのは惜しいが、ここでよーく考えてみよう。
「ダチョリブレ」を観る為のスカパー視聴料・年間4万円弱の方が
そりゃ断然惜しい。

ベランダのCSアンテナが無用の長物になってしまったなー。

まぁ全然惜しくはないのだけれど。

2009年09月03日

歌いにくい曲を

今日は冬支度の練習。

自分が歌う曲に限っての話ですが
ライブをやりだす前に作った曲は
あんまりキーの事を考えずに作ってたんですね。
だから初期に出来た曲はキーが低くて非常に歌いにくい。

当時、細野晴臣さんが低い声で歌うのが格好良いんで
影響されて低い声で歌おうとしてみたらこのざま。
身の丈に合わない事はやらない方がいいって事ですね。

んな訳で「風待つ朝」「黄金糖の味」という
初期に作った曲のキーを歌いやすいキーに上げました。

ギターの場合はカポをはめるだけで済むんですが
フルートやアコーディオンの場合、キーを変更するのは
ややこしいらしく今更キーを変えるのは少しだけ心苦しい。

ただ今日の練習にサイトウが遅刻してきたんでプラマイゼロ。

ちょっとだけホッとしましたよ(笑)


冬支度のライブ。
少し先なんですが11月に中崎町のカフェでのライブの
お話を頂きました。今から楽しみですよ!!

2009年08月22日

おっす!オラ

駅前の餃子の王将で持ち帰りの料理を待ってた時の話。
20代半ばのお兄ちゃんが自分の前を横切って行きました。
右手には焼きそばパンを、
左手には500mlのパックのフルーツ牛乳を持って
それらを頬張りながら足早に。
焼きそばパンとフルーツ牛乳という組み合わせが
遠い昔の学生時代の帰り道の買い食いを想いださせ
どこかむず痒いような懐かしい気分になりました。

ちょっといい気分で家に帰り、王将の炒飯と餃子を食べたら、
やっぱりこっちで正解。
しかしフルーツ牛乳って随分とご無沙汰だなぁ。


うちの近所の大通りで自転車を乗っていた時の話。
前から髪が長くてキャップを被ったお体格の良い若者が
歩いてきました。
見るからにヤカラ風の若者で
友達と二人でキャッキャとはしゃぎながら歩いてきます。
面倒だから関わらないようにしようとそのまま自転車を進めたら
その若者は、あらまこの人でした。
あぁ驚いた。
もっとこじんまりとした人かと思ってたら結構大きいんですね。
自分が言うのもなんだけど。


冬支度のライブの予定が途切れたんで
その間に何曲か新しい曲を作っています。
毎度の事ですが歌詞が出来ねぇ。
歌詞書く作業って学生時代の宿題を思い出すんですよね。
要は面倒な作業って事ですよ。
「どこからか降りてきて気付いたら筆が止まらなくなった」
なんて人もいるみたいですが、
自分は残念ながら選ばれた人間では無いようで
ひねっても唸っても何も出てきませんわ…。
次のライブに新曲出来てたらいいのにねぇと
他人事のように言って今日はおしまい。明日頑張ろう。

2009年08月14日

ヘブンズドアでのライブ

先週日曜は梅田へブンズドアにて冬支度で演奏してきました。

この日のイベントは数日間かけて行われている
レインドッグスとヘブンズドアの夏祭りイベントの一環で
6アーティストと多数出演。

ヘブンスドアのビルの1階にあるレインドッグスでは
音の大きなバンドが出演するイベントがあったようで
定期的にドラムがドコドコ、ベースがブンブンと
ウナリ声が下から聞えてきます。
時にヘブンズドアでの演奏の邪魔になるほどでしてねぇ。
でも共演者の中にはMCや演奏中に
それも上手くネタにしてしまえる人達が多くて
さすがだと思いながら観ていましたよ。
自分?もちろん大したイジりも出来ず撃沈…。

共演の皆さん、アコースティックで良い歌詞を書く人達だったんで、
最初から最後までじっくりと歌詞を聞き取りながら楽しませて貰いました。
良い歌詞を書く人は大好きだ。


我々冬支度のライブですが緊張してミスの多い演奏をしてしまったなぁ。
ヘブンズドアは半分野外のような造りなんで終わったら汗だくでしたが
汗をかきながら演奏するのは結構気持ち良いんですよね。

演奏後ステージで片付けをしてたら共演のサワラデザートさんが
駆け寄ってきてえらく褒めてくれて恐縮する限りでしたわ。
更に「9/14の京都nanoに出演するんですが一緒に出演しませんか?」
と御誘い頂き 「初・京都ライブ!!」 と色めき立ったものの
その日は我々の予定が合わず泣く泣くお断りする羽目に。


終演後、共演の「月とミルクパン」のお二人と連絡先を交換した時、
住まいが近所だという事が発覚して驚きましたわ。

『交差点の「すき家」知ってます?』

『知ってます!』みたいなね。


そうそう、リハ後に食べに行った喫茶店のハンバーグ・コロッケ定食が
「This is 洋食!!」ってな感じで美味しかったんですよねぇ。
バナナホールの向かいにある喫茶店で、
昔からライブを観に行く時に店の前は通ってたけど、
ご飯は食べた事はなかったから「意外な盲点」ってな話。

2009年08月04日

「旅cafe:北海道編&音楽会」へ行ってきた

この前の日曜日は十三の「Cafe Slow Osaka」で行われた
旅cafe:北海道編&音楽会」へ行ってきました。


十三の駅前商店街の路地に入った所にあるこのお店は
ジュース工場跡を改装したカフェだそう。
演劇でも出来るんじゃなかろうか?ってなぐらい
ステージは広く天井も高い凄く雰囲気のあるスペース!


イベントは「旅」がテーマ。

高校〜大学と北海道で過ごし
現在、吹田で無農薬野菜を作られている井上公之さんのトークショーから。
「北海道の農業の現状」をスライドを見つつ・・・というと堅苦しそうですが、
途中で北海道で美味しかったラーメンやスープカレーの画像が挟まれていたり
旭山動物園の画像が出てきたりとても分かりやすく話が入ってきました。

slow1.jpg


その後、井上さんが作った無農薬野菜を使った料理を頂きました。
玉ねぎが滅茶苦茶甘い!ゴーヤが苦くて目茶旨い!衝撃!!
こんな料理を1ヶ月続けたら凄く健康になりそう。


お腹が満足したところで次は高松和弘さん。
大学時代、一年間休学してヨーロッパ〜アフリカまで
ホームステイをしながら周られたそうで、
その時の写真をスライドで見ながらのトークと
ボサノバの弾き語り演奏。
とても甘い歌声にとろけそうになりました。
ブラジルにいた時に作ったというボサノバの曲なんかもあったりして
ある意味本場産の瑞々しい野菜のよう。

slow2.jpg



トリは僕の友達達である「木漏れ日」。
頻繁にライブを観てるのですっかり曲も覚えている自分。
木漏れ日はこのスペースの雰囲気とマッチするなぁ。
会場で配布されていた新しいデモCD-Rも貰ったし
是非ともまた観に行こう。

slow3.jpg



終演後、十三駅前の横丁で一杯引っ掛けて
ほろ酔いで帰ろうと駅についた時、
この日の出演者の方々とご友人御一行と遭遇!
井上さんから「今から飲みに行きませんか?」と御誘い頂いたので
「行きます!行きます!」とホイホイついていき
さっきまで飲んでた横丁へ逆戻り。

井上さん、高松さん、木漏れ日のミンソンさん、
ご友人の方々を含め8人でテーブルを囲む。
皆さんとても気さくな方々で
井上さんは木漏れ日のニノミヤさんと
モンキーズやキンクスのカバーバンドをされているそう。
話が盛り上がって30分だけ飲みに行く予定が
2時間近くいたんではなかろうか?
楽しく酔っ払ってたんで詳しい時間覚えてませんわ!