アコースティックデュオ・冬支度 blog: 日記 (安田支度)

2010年11月07日

大・冬越えコンサート開催します!

昨年12月からコレクタブルブックストア(現パートタイムブックセラーズ)で
増家真美さんや水田十夢君と『冬越えコンサート』
というライブイベントを三度開催してきてまして。

そろそろ第四回に向けて動き出そうと
十夢君と毎度の打ち合わせ場所であるバー「福猫堂」にて話をしてたんですよ。
考えたら12月にやるなら1周年だわ。
なら第1回〜3回に出演してくれた浜谷俊輔さん、鈴木数字さん、米田みちのぶさん
にお声をかけて、他にも出演して貰いたかった方々をお呼びして
スペシャル版にしたら面白いんじゃない?と話してたら、
偶然よねみちさん(米田みちのぶさん)が自身のフライヤーを片手に
我々の目の前に現れてあらびっくり!
その場でお話し、よねみちさんにも打ち合わせにも参加して貰って
そこから出演依頼のメールや電話攻勢。

12月だし体の温まるフードメニューがあったら良いよね?
最後は皆で演奏しましょう!
今回のイベントタイトルは
『冬越えコンサート・忘年会編』?『冬越えフェスティバル』?
もうシンプルに『大・冬越えコンサート』にしましょう!
なんて事を色々と決めて行き
こんな感じに決まりました!


・2010年12月5日(日) 
『大・冬越えコンサート』
場所:パートタイムブックセラーズ

『出演』
浜谷俊輔
鈴木数字
米田みちのぶ+トーチカ
ノスタル陣
ソニックケトル
増家真美+水田十夢
冬支度

開演 15時〜
料金:1000円+1dr500円


ソニックケトル、ノスタル陣のお二方は
ドラムセット持ち込みで豪華フルバンド編成で演奏して下さいます!

現時点で2010年の冬支度のライブ納め予定でして
俄然気合が入っとります!

『最後は皆で演奏しませんか!』と数字さんに連絡したら
『ならばあの曲がやりたいです!』
と逆リクエストが帰ってきました!
そうなりゃ歌ってもらいましょう!テンション上がるわー。


是非是非、是が非ともよろしくです!!


2010年11月02日

コモンカフェ⇒からほり

土曜はコモンカフェでchloeさんと深田ちひろさんのライブを。
chloeさんは以前、コレクタブルブックストアで
深田さんをお呼びしたライブを観に来て下さっていて、
その時、会場BGMが良かったと声をかけてくれたんですよ。
その後も笹倉慎介さんのライブで再会したりと、
好みの音楽のシンクロ率が非常に高いんですよね。

「coco camel」さんのランチを頂きながら
chloeさんの演奏がスタート。
独自のチューニングでインスト曲を
やるのかと思いきや真っ当なウタモノ!
独特の平熱感がこの日のイベントと
妙にマッチしていて気持ちの良く観させて頂きました。

続いて御馴染み深田さん。
最近バックバンドもさせて貰ってるし
ライブも結構観に行ってるんだけど、
この日もまたもや聴いた事の無い曲を聴けました。
持ち曲何曲あるんだろうか?
深田さんもコモンカフェと相性が良いですねぇ。

コモンカフェは地下にある窓の無いカフェなんですが、
地価独特の密室感も無く気持ちの良い開放感があるお店ですね。
天井高いから気持ち良いな。

終演後、コモンカフェで談笑中、
近くで開催されてる廃校フェスに行くという人達について
自分も廃校を覗いてみました。

その後、空堀商店街でJaajaのライブを。
お寺でライブ。
ちょっとボーカルのマイクの音量が小さく
凄く良い歌詞が聴き取りにくかったものの
ちょっとしたアコーディオンの調べにも涙腺が緩みそうになる。
このバンドの魔法ですねぇ。
いやぁ良かった!
30分ぐらいで終わったんだろうか?
もっと聴きたい!と思ってたら
物販テーブルの付近に楽器を持ったメンバーがやってきて
そこで再び演奏スタート。
ドラマチックすぎでしょっ!

2010年10月29日

生音

先週の土曜に谷六のポコペンまでコハク、umamoさん、
島田温泉さん、浜谷俊輔さんのライブを観に行ったんですね。
初めて行ったポコペンは築100年ぐらいの民家を改装せずに
そのままバーにしたようなお店で、玄関で靴を脱いで
「お邪魔しまーす」ってな感じで店内に入りました。
年季の入った畳や朽ちた壁、
大学時代の友達の下宿に遊びに来たようなそんな雰囲気。

ライブはPA無しの完全生音。
PA通さずに演奏するのは大変そうだなぁと思いながら演奏が始まったら
なんか凄く音が良く響く感じ。使われた楽器はアコギ、ガットギター、
ハーモニカ、それに声だけ。全て電気を繋ぐ必要無いものばかりで、
よくよく考えてみれば「生音」と「PAを通した音」とどちらが本来の音か?
そりゃ当然前者に決まってる訳ですよ。

会場が8畳〜10畳ぐらいのコンパクトなサイズだったから
音を増幅させる必要が無いってのもあるだろうけど、
なんかハッと気付かせられたというか、そんな気分になりました。

我々もアコギ、フルート、アコーディオン、声。
とアコースティック楽器ばかり。
昨年夏に一度だけ生音の演奏をした事がありますが、
こりゃちょっとまたやってみたいと思ってしまいましたよ。

そんな訳で11/3(日)の「森の音楽会」は
PA無しの完全生音演奏なんです。
我々は「冬支度」と「深田ちひろとヒッチハイクオールドハイツ」。
ダブルヘッダーで出演です。

「深田ちひろとヒッチハイクオールドハイツ」という名前、
「ダンヒックス&ザ・ホット・リックス」みたいと言えば
そんな感じもしない事無いよな、と。
結構気に入ってます。

2010年10月27日

課外活動

明日27日(水)は梅田ハードレインで冬支度ライブです。

その後も冬支度のライブは続くんですが、
冬支度以外でもいくつかライブサポートで参加が決まってまして。


まず10月31日(日)南森町・雲州堂の
森田雅章トラディシオンカントリーバンドのライブ。
この日、わたくし安田がマンドリンで参加させて貰います。
共演は、東京からsakana、大阪のneru。
sakanaのライブを観る事が出来るのが非常に楽しみ。


11月3日(日)西宮soramimibuncoで
深田ちひろさん主催の「森の音楽会」。
この日は冬支度で出演し、更に深田ちひろさんのバックバンド
「深田ちひろとヒッチハイクオールドハイツ」でも出演します。
編成は、深田さんが唄とギタレレ、
冬支度の2人がフルート・アコギ、マンドリン、コーラス。
それにTheマーミラーズ北里がアコーディオンとピアニカ。
そんな4人で演奏します。


11月7日(日)南森町バーシェルタで
「深田ちひろとヒッチハイクオールドハイツ」で出演。
北里が欠席なんで、深田さんと冬支度の3人で演奏予定。
この日は深田さんのバックに専念で
冬支度としての出演はございません。

宜しければ!!

2010年10月25日

南森町シェルタでライブでした

昨日は南森町のバーSHELTERでライブでした。
ほざきまゆみさんと2マンライブ。

今回、集客の面で結構不安で更に午後から雨も降ってきて
どうなるだろうかと相当不安だったんですが、
蓋を開けてみれば沢山のお客さんにお越し頂き満員御礼!
ホントもうありがたい限りで自分は感激してしまいましたよ。

いつもよりも長い時間演奏させて貰えるんで、
新曲や、今はもう演奏していない冬支度で初めて作った曲
「週に三日は自己嫌」を演ったり、ほざきさんとも3曲一緒に演ったり、
非常に楽しく演奏させて貰いました。

お店は細長い造りで冬支度2人横並びに演奏するスペースが無かったんで、
縦に2人並ぶという不思議な配置。
演奏してる自分の1m以内でお客さんが観てるというのは非常に新鮮。
演奏中アイコンタクト無しでも意外となんとかなるもんだなぁ。

新曲で自分はアコギを弾きながらハーモニカを吹くんですが、
ハーモニカホルダーを吹きやすい位置に調整せずに始めてしまったんで、
途中で直そうにも両手はギターを弾いてないといけないし、
無理やり首を伸ばしてハーモニカに食らいつきましたよ。
こちらはさすがになんとかならんかったなぁ…。


曲目は、

1. なんにもない日
2. 歳をとるのも
3. 初雪
4. 車窓より(drop-D ver.)
5. 虫の音
6. 週に三日は自己嫌悪
7. 新曲(タイトル未定)
8. 眠り羊が丘越えて
9. 天気屋
10.浜辺
11.こんな風に「with ほざきまゆみ」
 〜アンコール〜
12.恋するニワトリ「with ほざきまゆみ」
         (谷山浩子さんのカバー)



ほざきさんと初めて出会ったのは遡る事10年以上前。
今は無きベイサイドジェニーで対バンしたのが最初で、
その時、ほざきさんはお兄さんのバンドでコーラスとフルートを吹いていて
自分は別のバンドでエレキギター弾いたり歌ったりしてたんですよ。
そこから長い年月を経ての初共演でしたが、
違和感が全然無かったのが不思議な感じでした。
冬支度でカバーしてる谷山浩子さんの「恋するニワトリ」を
ホザキさんに歌ってもらったんですが、
サビの「コーココ、ココ、ココ、コココ、恋はコイはコイ〜♪」の部分を
見事にハモってくれて、そのうち冬支度のライブでお呼びして
この曲歌ってもらおうかなぁと思ってしまいました。

Shelterはお酒と料理が美味しい店なんで
終演後、観に来てくれた方々と談笑。
その話の流れで、個々別に観に来てくれてた
深田ちひろさんと島田温泉さんのライブが、
11月7日に決まってしまいました!
場所は勿論ここShelter!
この日、冬支度としは出演しませんが、
冬支度の2人は深田ちひろさんのバックで演奏します。
よろしければ是非〜!
そうそう、Shelterのチキンカレーは絶品のお味です!


そして次回の冬支度のライブですが、
10月27日(水)梅田ハードレインです。
丘本浩一さんも出演する楽しいライブで、
我々の出演順は2番手です!
よろしくどーぞ!

2010年10月19日

くすんだ色のミュージック

日曜はパートタイムブックセラーズで
イベント「くすんだ色のミュージック」でした。

この日はフラットマンドリンを持参で、
Sakicoさんと1曲、森田雅章さんとは全曲、マンドリンで参加、
鈴木数字さんとは冬支度の2人(フルート&マンドリン)で1曲、
参加させて貰いました。
最近、色んな人達と一緒に演奏するのが楽しいんですよねぇ。

森田さんの演奏には「カレーの歌」と「ふらふら千鳥」の
2曲だけの予定だったんですが、あれよあれよと全曲弾く事に。
いやぁ、知らない曲だったんで冷や汗かきましたねぇ。
もっとマンドリン上手くなりたい。

今回、冬支度は作りたての新曲を披露できて
これまた冷や汗かきながら演奏しましたよ。
ソロが口笛なんですが、口笛もなんか適当だよなという事で
今日ハーモニカを買ってきました。
ハーモニカ吹くのなんて小学校以来ですが、
アコギ弾きながらハーモニカを吹くのは
慣れるまで結構難しいなぁ。

この日の曲目は、

1.車窓より(drop-D ver.)
2.今は思う
3.こんな風に
4.黄金糖の味
5.虫の音
6.新曲(タイトル未定)
7.浜辺

新曲のタイトル考えないと。


次回ライブですが、
10月24日(日曜) 19時〜 
南森町バーシェルタで、ほざきまゆみさんと2マンライブです。
いつもよりも長めに演奏できるので、
ほざきさんと一緒に演奏します、
ほざきさんと色々と打ち合わせて
楽しい一夜になると思います!
よろしければ是非是非ゼヒ!!

2010年10月11日

新しい曲

最近の冬支度のトピックと言えば新曲の歌詞が出来た事ですかねぇ。
半年振りぐらいの新曲でしょうか。
我々ほんとライブは頻繁にしてるのに曲はなかなか出来ないのですよ。
この新曲は17日(日)のパートタイムブックセラーズのライブで初披露予定です。

明日は冬支度の練習2時間でその新曲を仕上げて、
30分間を空けて深田ちひろさんのバックバンドの練習3時間。
合計5時間もスタジオに入るのはきっと生まれて初めて。
大学時代のフォークソング部のスタジオは
無料で使えたんで夜中にオールナイトで入ったりもしたけど、
集中力が続かずに途中で練習ほったらかしてお酒飲んで寝てましたから。

深田さんのバックバンドは「深田ちひろ&ヒッチハイクオールドハイツ」
というやたらと長いバンド名に。
「Dan Hicks & The Hot Licks」みたいで結構気にいってます。
バンド名つけると一層やる気がでますね。
バンドのテーマソング(インスト)も作りましたからもう後戻り出来ない!
このバンドは11/3の深田さん主催の「森の音楽会」で初披露の予定。
カントリーフォークスタイル!

10/24(日)は元レインドッグスのPAを担当されてた
白浜さんが働く南森町のバー「シェルタ」にて
ほざきまゆみさんと冬支度で2マンライブです。
折角の2マンライブなんで、ほざきさんと冬支度の3人で
お互いの曲を1曲ずつ演奏します。
今日は最近仲の良い丘本浩一さんのライブを観て、
そのまま丘本さんとシェルタに行き呑み直してましたよ。
その丘本さんとは10/27(水)のハードレインで共演します!


この秋は楽しみなライブが目白押し!よろしくどーぞ!

2010年10月01日

くすんだ色のミュージック

次回の冬支度ライブは10/17(日)15時〜
JR環状線野田駅前の古本屋「パートタイムブックセラーズ」の
2階イベントスペースにて。
鈴木数字さん、Sakicoさん、森田雅章さん。
いい感じのフォークミュージックを
聴かせてくれるSSWお三方をお呼びして
『くすんだ色のミュージック』と題し開催します。
少しくすんでるぐらいの方が居心地良くないですか?
みたいな感じでしょうか!?


出演してくれる森田雅章さんのライブ映像をどうぞ!


演奏中、森田さんが客席にいる共演者に
アポ無しでどんどんコーラスを要求していくのが
凄く楽しげで僕は好きなんですよねぇ。


そうそう、昨日Sakicoさんが谷九ワンドロップでライブされてまして。
それがユーストリームで生中継されてたんで
自分は自宅にいながらライブ観賞してました。
途中MCで10/17のライブの告知をしてくれてましてねぇ。
ありがたや、ありがたや!


ご予約不要ですので当日ふらりとお越し下さいませー!

10-09-29レインドッグス

水曜は梅田レインドッグスでライブでした。
ライブは19時半からスタートなんで18時15分に会場入り。
その前に毎度の事ですが福島のネコのいるスタジオで練習。
楽器とカバン抱えて福島⇒西天満まで30分ぐらい歩く。
新しいスニーカーで臨んだのが災いして思いっきり靴擦れが出来た。
靴擦れをおして向かった先は、これまた毎度の
モリ商店にて鶏ひき肉とレンコンのカレーを。
大盛り主義の自分も、今回は出演まで1時間半という状況ゆえ
やむなく普通盛りで。

そこからまた10分ほど歩き会場入り。

我々の演奏はトップバッターで。
リハで演奏中に座る椅子の位置が少し高いかなぁと思ったものの
「まぁなんとかなるか」と本番に臨んだんですが、
弾き始めてみらたギターがずれ落ちるんで
1曲終わったら客席の丸椅子をステージにあげ仕切りなおしました。
うんいい感じ。

先日のチガーヌでアレンジ固まらないままやってしまった
「車窓より」のドロップDチューニングVer.も
今回はだいぶまとまってきたような。
前のバージョンも気に入ってるんで、
新旧、両方のバージョンを使い分けていこうかと思っています。

この日の曲目は

1.天気屋
2.なんにもない日
3.夢のまた先
4.こんな風に
5.虫の音
6.車窓より(drop-D Ver.)
7.浜辺

出番がトップバッターだったんで自分達の演奏終了後、
他の出演者の演奏を全てガッツリと観させて貰いました。
特にキイリョウタさんは、
リハで聴いた時から歌詞がグイグイ飛び込んできて
唸らされました。自分はこういう感じ好きだわぁ。

この日はノスタル人こと仲井さんや、
ジャンボリーの安部さんも観に来てくれてて
合間合間に色々と語らう事が出来ました。

良い日だったわー。

2010年09月28日

明日はレインドッグスです!

明日、冬支度、レインドッグスで演奏しますー。
我々の出番は19時半からトップバッターです!
よろしければー!

近況と言えば、最近家で録音しようと動き出しました。
まだ全然録れてませんが
新しく買ったMTRの使い方を早くマスターして
完成させたいです。

日曜はレインボーヒルへ行ってきました。
お客さん1000人中、20人ぐらいは知り合いだったんではなかろうか?
目当ては勿論5年ぶりに見るラリーパパ。
フェス自体の時間押してたからトリのラリーパパは
2曲ハショらないといけなかったらしく非常に残念。
でも12月22日にワンマンライブが決まったんで
益々楽しみが増えましたね。
そりゃもう死ぬほど好きなもんでー。

なんか小学生の作文みたいになってしまった・・・。

2010年09月22日

10/17のPTBSライブ

ども、安田です!
10月のイベントの詳細が決まりました!


『くすんだ色のミュージック』
日時:2010年10月17日(日)
場所:パートタイムブックセラーズ大阪店
    (旧・コレクタブルブックストア)
           http://ptbs.jp/
開場:14時半  開演:15時〜
入場料 1000円(1dr込)

出演
森田雅章さん http://www.myspace.com/masaakimorita
鈴木数字さん http://www.myspace.com/suzukisusie
Sakicoさん  http://www.myspace.com/sakico.music
冬支度    http://www.myspace.com/fuyujitaku


毎度おなじみJR環状線・野田駅前の古本屋。
当日ライブは2階イベントスペースで行い、
1階の本屋は通常営業しておりますので本もご覧頂けます!


当日、森田さんはバイオリン奏者と2人で演奏して頂きます。
もしかしたら自分もフラットマンドリンでお邪魔するかも。
邪魔にならんように。


よろしくどーぞ!!

2010年09月15日

停めさせろ

冬支度の練習してきました。
最近、梅田の駅前での路上駐輪の取締りが厳しくなって
今まで朝しか撤去してなかったのが午後にも撤去されるようになりました。
「それならまぁ有料駐輪場に止めておくか」となるところですが、
現状は有料駐輪場の数が全然足りておらず、今日も昼過ぎでどこに行っても満杯。
ほんとただの1席も空いてないのですよ。
そんな調子なんで路上駐輪だらけなのは相変わらず。
大阪市しっかりしてくれよなぁ。

練習ですが、
今日は「車窓より」をドロップDチューニングにして別アレンジに。
全然違う曲に生まれ変わりまるで新曲のよう。
練習はいつも2時間なんですが、
最近2時間だと時間が足りなくなってきました。
今日はあっという間に終了。

まっさらな新曲も完成までもう少し!


次回冬支度ライブは、
9/19(日)の昼間にギャルリーチガーヌにて
森田雅章さんのイベント「ひるさがりの庭フェスティバル」です。
楽しみな日です!

2010年09月09日

秋の足音 風のたより

9/5はパートタイムブックセラーズで
イベント『秋の足音 風のたより』でした。

朝10時半に到着。
いつもは2階が会場なんですが今日は2階にクーラーが無いので
1階の本屋店内を会場にするのです。
2階からスピーカーやらなんやらをひたすら降ろし会場の設営。
共演の方々も到着しリハも無事終え昼の14時に開場。

クーラーが効かずご来場頂いた方々に
お暑い思いをさせてしまい本当申し訳ございませんでした。
快適に観て頂ける会場作りを真剣に考えないと。
クーラー無しでのイベント開催はこれを最後にしようと思います。

ライブですが、
我々冬支度がトップバッターでした。
曲目は

1.なんにもない日
2.歳をとるのも
3.虫の音
4.こんな風に
5.天気屋
6.浜辺
7.眠り羊が丘越えて

そろそろ新曲が完成しかかってるんで、
秋からのライブで披露できたらと思っています。

共演の丘本浩一さん、安藤明子さん、
深田ちひろさんとカリン'さんの歌が気持ちよすぎて
自分はPAをしながら普通に楽しんで聴き込んでしまいました。
皆さんにはホント感謝感激です。
それだけに会場の不備が悔やまれるところであり、
考え直していかないといけないと痛感しました。

2010年09月04日

明日はパートタイムにて

いよいよ明日となりました。
パートタイムブックセラーズでライブです。

共演は、
安藤明子さん、丘本浩一さん、深田ちひろさんとカリン'さん。

夏の終わりに
アコースティックの演奏などいかがでしょうか!

14時半から行います!!

僕も楽しみにしてます!

2010年08月31日

初ワンドロップ出演でした!

日曜は谷町九丁目ライブバーワンドロップにてライブでした。
この日がワンドロップ初出演の我々。
リハまで時間があったんで軽く腹ごしらえしようと探すと
宮本むなしかインド料理屋を発見。インド料理屋へ。
「軽く」のつもりが思いの外、満腹に。
ナンはお腹で膨らむのですよ。

太鼓腹を叩きながら店に戻るとカリン'さんのリハ中。
前から僕はかんのとしこさんのファンなんで
軽くドキドキしながらリハ見学してました。

我々のリハでステージから客席を見る。
今まで客としてちょくちょくライブを観に行ってたお店で
今までは客席からステージを眺めるのが常だったので
ステージから客席の眺めはこういう感じだったのか
と頷きながらリハ開始。

本番は我々はトップ。
この日の出演が決まってから
この日は最近演奏してなかった曲も含めてベスト選曲でいこうと
結構曲目を練ってたんですよね。
演奏は序盤はがっつり緊張してしまいましたが
途中からリラックスして出来ました。
序盤の硬さ対策をもっと考えないといかんです。
久々に演奏した「今は思う」が気持ちよかったなぁ。

曲目は、

1.車窓より
2.なんにもない日
3.虫の音
4.初雪
5.こんな風に
6.今は思う
7.浜辺

共演のカリン'さん、ジャンボリーさんが素晴らしくて
終始、充実感のある一夜だったと思います。
僕の好きなミュージシャンがこぞってワンドロップで
ライブをする理由が少し分かったような。
お疲れ様でした!と言って店を出て、
あぁ今日は良かったなぁ、と思いながら家路につく。
毎回こういうライブになるよう頑張ろう。


次回の冬支度ライブは
9/5(日)野田の古本屋「パートタイムブックセラーズ」です!

そうめん温泉でした

少し前の話ですが、8/22は新装開店したばかりの
パートタイムブックセラーズにて
「そうめん温泉Vol.2」を開催しました。

いつもは2階のイベントスペースでライブをしているのですが、
この日は、流しそうめんもある事だし思い切って
1階の本屋のスペースをステージに仕立ててみました。
店の入り口のドア(窓?)を外し店内で演奏する模様を
店の外から観てもらうという少し不思議な形態。
午後からは店の前は上手い具合に日影になって
店の前の大通りに風が吹き抜けるんですよね。

そんなステージで演奏があって、
DJなかぐちさんとDJマコさんの
セレクトした音楽を聴きながらそうめんとお酒を頂く。
そして定期的に流れるそうめん(=流しそうめん)。
お2人が夏に合わせた曲をかけてくれて、
イベントを盛り上げてくれました。
DJの方々の効果に深く納得した日でした。
こりゃテンション上がるわ。

さてライブは島田温泉さんから。
いまや僕の呑み友達でもある島田さん。
夏の縁側や蚊取り線香が似合います。
夏っぽいんですが、カラっとしてるというよりも
適度に湿り気があってその辺りが
実に日本の夏を感じさせるんですよね。
このイベントのテーマソングとも言える「そうめん」も聴けた。

続いて、月とミルクパン。
最近ライブを観るたびに新しい曲がことごとく自分のツボで
・のろのろ列車
・マイ毎日
・自分の感受性くらい
このラスト3曲は特にやられました。
いい歌詞書くなぁ。
いつも思うが佐々木さんは演奏中とても楽しそうで華がある。

我々冬支度は、
自分の関わるイベントの場合、
バタバタしてる間に演奏を始めて
バタバタと終わるという事が多いんですが、
今日は違いました。結構落ち着いて演奏できました。
店内から屋外を眺めながら演奏するというのはなかなか新鮮な体験でした。

曲目は、
1.なんにもない日
2.虫の音
3.こんな風に
4.恋するニワトリ(谷山浩子さんのカバー)
5.天気屋
6.浜辺
7.眠り羊が丘越えて

トリをかざってくれたのはセロテープスの皆さん。
男女ボーカルにアコギ、ウクレレ、ミニキーボード、
グロッケン、アンデス(鍵盤リコーダー)、フルート、
ノコギリ、ボンゴ、リコーダー
それらの楽器を涼しい顔をした4人が演奏する。
東京在住の2人と大阪在住の2人。
遠距離バンドで決して練習量は多くないけど、
不思議と一体感があるんですよね。
この丁度良い感じの湯加減は出そうとしても出せない。
またライブが観たいですが、
このままだと次のライブは一年後の
「そうめん温泉Vol.3」になりそうですので、またお誘いしたい!

そのためにも来年はやはりクーラーは必須だなぁ。

2010年08月12日

ハードレインでライブ

少し前の話になりますが8/4はハードレインでライブでした。
この日の前日の晩に私、海外旅行から帰国。
落ち着かぬままそのままライブに突入しました。

リハ終わりにハードレイン近くのカレー屋「モリ商店」でカレーを食べ
店に戻るとリハを終えた深田ちひろさんが佇んではりました。
今日も涼しげ。

さてライブは我々は3番手。
ミスも多かったですが後半は手拍子も頂いて結構ご満悦。
でもミスは反省しないといけないなぁ。
最近、前より緊張しなくなってきた分、
リラックスしすぎてる感もあり。
多少の緊張感は必要か?


セットリストは、

1.こんな風に
2.歳をとるのも
3.虫の音
4.なんにもない日
5.浜辺
6.天気屋
7.眠り羊が丘越えて


終演後、深田さんと話をしていて
深田さんのバックバンドを結成しましょうという事に。

メンバーは、
冬支度から斉藤さんがフルートとコーラス、
僕がアコギやマンドリン、
ザ・マーミラーズの北里がアコーディオンなど鍵盤。

緩めのカントリーフォーク調の演奏が
深田さんの楽曲にマッチするんではないか?と前から思っていて、
こっそりとバックバンド結成を画策してたのでした。
楽しみだ!

2010年07月20日

レインドッグスでライブでした。

昨日はレインドッグスでライブでした。

昼間に福島のスタジオで練習するんで、
我が家から自転車で40分ぐらいかけておっつらおっつらと向かう。
東梅田のレインドッグスの近所に自転車を止め
東梅田⇒福島まで電車で約2駅分、30分ぐらいかけて歩いていきました。
スタジオに到着したらクーラーが効いててぐったりとした身体にやる気がみなぎる。
さぁ練習!とギターケースからギターを取り出したらなんか違和感が。
やってしまった。
本来持って来ないといけないメインギターとは別の
TOKAI製のぼろギターが入ってました。
どうやら家で準備する時、ぼろギターを間違って入れてしまったようです。
メインギターもぼろギターもドレッドノートタイプのアコギで
見た目は一緒っちゃ一緒だけど、こんな間違いするかね!?
と自分を疑いましたが目の前に転がってるのは紛れも無くこいつ。

このギターで出来るかなと試してみましたが、
音がぺらぺらでこりゃ無理そう。
そんな訳で練習は1時間で切り上げ。
福島からレインドッグスまで歩き(早歩きで20分)、
そこから自転車で我が家までUターン(約30分)。
飛ばして帰ったからか15分ぐらい時間に余裕が出来たんで、
汗だくの体を流そうとシャワーを浴び、
ポロシャツを着替え再び同じ道を行く(約30分)。
なんとかリハ時間の前にレインドッグスに到着しましたが
さすがにクタクタでした。

昼前に出掛ける準備をしてた時、
ギターのストラップの引っ掛ける部分が
経年劣化で痛んで切れちゃったんですよね。
その時はミサンガ的に願い事でも叶うかな?と
適当にに考えてたんですが、こんなミスをしてしまうとは。

これ誰のせい!?と憤る気持ちも
加害者も被害者も全て自分なんでこりゃもう仕方ない。
とりあえずリハ時間に遅れず良かったと胸を撫で下ろしました。


肝心のライブは気持ちよく出来ましたよ。
張り替えたての弦はシャリシャリとした音で実に気持ち良いですね。
冬支度でライブをやり始めた頃はライブの度に弦を張り替えてたのに
近頃じゃ数ヶ月そのままってのもざらでして。

最近、近所のギター工房の店主さんに教えてもらった
ダキストというアメリカ製の弦が630円ぐらいと値段も手頃で
調子も良いんでこれからはせめて月一ぐらいのペースで張り替えよう。


曲目は、
1.なんにもない日
2.こんな風に
3.虫の音
4.一喜一憂(高野寛さんのカバー)
5.歳をとるのも
6.天気屋
7.浜辺
8.眠り羊が丘越えて

そうそう。懐かしい友人夫婦が観に来てくれたのが嬉しかったです。

そんな感じで激動の一日は終わり。
帰宅したらさすがにどっと疲れが出ましたが
ライブ疲れじゃなく移動疲れとは、いやはやなんとも・・・。

2010年07月12日

「本屋からの音」でした

昨日はコレクタブルブックストアの
「本屋からの音」というイベントに出演しました。

あいにくの雨の日でしたが、
多数の方々にご来場頂き、ありがとうございました!
クーラーの設置が間に合わず更に湿気も多い雨の日で
お世辞にも演奏を聴くのに快適とは言えない空間となってしまい
申し訳ございませんでした。
店主曰く8月までにはクーラーを取り付けるとの事ですので、
これに懲りず機会がありましたら宜しくお願い致します!

さてライブですが、冬支度はトップバッター。
月一で昼間のライブをしてるんで、
お客さんの顔がよく見える明るい場所での演奏にも慣れてきました。

セットリストは
1.こんな風に
2.夢のまた先
3.なんにもない日
4.虫の音
5.恋するニワトリ(谷山浩子さんのカバー)
6.歳をとるのも
7.浜辺

最近、マンネリ気味のセットリストなんで
そろそろ新しい曲作らないといかんなぁ。

続いて、ほざきまゆみさん。
アコギを弾きながら美声でポップスを歌う。
ライブを何度か見ていて曲も覚えてるんで安心して聴けます。
ほざきさんがやってる「木漏れ日」というトリオと
ほざきさんソロでは結構雰囲気が違うんですよね。
この違いを見るのもまた楽しい。
フォーク調のアルペジオの新曲が
ジュディシルなんかに通じる雰囲気で好きな感じだったなぁ。


その後、月とミルクパン。
佐々木さんが風邪気味という事で事前のリハ無しで
セッティング中に音合わせをしていざ本番。
普段はエレキギターとドラムという編成ですが、
コレクタブルではアコースティック編成でやってくれます。
ガットギターとピアニカ(その他、鳴り物など)が彩り良く
2人の歌声が気持ち良いですね。
「のろのろ列車」という曲がグッと来る感じの名曲で
最近作ったという曲も素晴らしく、
体調不良を微塵も感じさせない絶好調ぶり。

トリに東京から、うぐいすパーク。
女性ボーカルとスティールパンの男性の2人組。
いわゆるステレオタイプなスティールパンを使った音楽とはまた違う
歌を中心に据えた音楽を聴かせてくれました。
夕方になって暑さもマシになり、
スティールパンの音色が気持ち良く通る声も涼しげで
場内、うっとりとして聴いていました。
スティールパンは生で聴いた方が絶対に気持ち良い楽器だな。

そんなまったりとした雰囲気でイベント無事終了!

イベントの企画から関わってると
やらないといけない事も増えますが、
トリの出演者の演奏が終わった瞬間の安堵感は
もう溜まりませんね。

帰りに野田駅前のモツ鍋屋で4人で軽く打ち上げて帰りました。
よく汗かいたんでビールが美味い!そしてこの季節の鍋は暑い!
でも美味いから良し!

2010年07月11日

JR野田駅からコレクタブルブックストアまでの地図

JR野田駅からコレクタブルブックストアまでの地図