アコースティックデュオ・冬支度 blog: 靴音までメロウにVol.04、無事終了しました!

2012年05月14日

靴音までメロウにVol.04、無事終了しました!

昨日は「靴音までメロウにVol.04」でした。

いつも通り11時に会場の油野美術館に到着。
その前に野田駅前の松屋で腹ごしらえ。これで夜まで一気にいくぞと充電完了。
油野美でイベントをすると機材のセッティングやら
椅子を3階から降ろしたり並べたりと、1階〜3階までの階段の登り降りが頻繁にあり、
昼ご飯を抜くと夕方には結構腹が減るのですよ。
これも良い運動だと思ってやると意外と達成感があります。

この日、出演して下さる
ヒトリバンケットさん、オオヌマジュンさん、木村保志さん、木村ゆかさんが続々到着。

木村保志さんのサポートでアコーディオンを演奏される木村ゆかさんは
夜から奈良まで演奏があるとの事でトップバッターで出演して下さいました。
木村さんの淡々とした歌にうねりのあるアコーディオンがマッチしていて
同じような楽器編成の冬支度としてはとても参考になりますね。
木村さんの歌詞は、視点が独特で不思議なんですが
どの曲もグッとくるというか沁みるからやはり独特で不思議に思えます。

続いて我々冬支度の出番です。
ライブの時は結構緊張してしまう自分ですが、この日はとてもリラックスして
「今日は自分は凄く調子が良いなー」と調子の良い事を思ってました。
ついでに調子の良いMCも沢山してしまいました。
それだけリラックスしてたって事でしょう、きっと。
今後もこのリラックス感を出せるように気張らずに頑張っていこう。

選曲は
1.座りにいこうか?
2.こんな風に
3.虫の音
4.恋するニワトリ(谷山浩子さんのカバー)
5.まばたきの間に
6.つかの間の旅
7.浜辺


3番手はオオヌマジュンさん。
落ち着いた歌声の良さとポロロンと爪弾かれる
ガットギターの音が気持ち良くて「うんうん」と頷きながら聴いてました。
ポテンシャルの高さというか、野球で言うところの「地肩の強さ」というか。
いわゆるそういう部分をオオヌマサンは相当持ってる
シンガーソングライターだと思うんですよね。
『よーいどん』という自分の'勝手に一押し曲’も歌ってくれて
ばっちりとトリ前を務めて下さいました!(勿論、他の曲も良いですぞ!)

そのバトンを受け取ってゴールまで走ってくれるのはヒトリバンケットさん。
いきなり「靴音までメロウに」のテーマソングを歌って下さり驚きました!
そういやリハが終わって楽屋でノートに向かって歌詞を考えてはったなぁ、と。
あの時にテーマソングの歌詞を考えてくれてたんだ!と点と点が線になり、
尚更感激が増しました。
そんなバンケットさん、1曲1曲、歌う前に曲の説明をしてたのがとても印象的で、
そうやって聴くと歌詞がより飛び込んでくるんですよね。
自分が初めてバンケットさんのライブを観た時に1曲目に歌った
「公園の唄」は特に名曲だなぁ。アンコールまで一気に聴かせてくれて
『靴音までメロウにVol.04』も無事終了。

ご来場下さったお客さんと出演者で駅前の鳥貴族へ。
鳥貴族の座敷席というのは初めての経験です。
淡麗(大)を飲みながらみんなで色んな話をしました。
こういう人達とはこの日がある意味出会いの日で
今後も長いお付き合いをしていきたいと思えた一日でした。
と、うんうん頷きながらの帰り道。


このイイ雰囲気を持続していきたい冬支度の次回ライブ。
5月27日(日)谷町九丁目ライブバー・ワンドロップさんの
『6周年記念イベント』で演奏させて貰います!

共演は、京都の長野友美さんと、東京のyojikとwandaさん。

冬支度は6周年記念に便乗し、jonomaiのマンドリン奏者・大間知潤さんと
マーミラーズの鍵盤奏者・北里修のピアノを迎え、
『冬支度・6周年記念バンド編』として全曲4人で演奏します!
20時〜、料金2500円(ドリンク付)です。

長野友美さんによる長野家特製豚丼も販売されるとか。
なんせ6周年ですから!是非お越しくださいませー。



そして次回の『靴音までメロウにVol.05』は6月3日(日)の15時〜

前川サチコさん(パノマティ)
大村みさこさん
淺野大志さん+淺野美穂さん
冬支度
      その4組で開催です!これまた是非!