アコースティックデュオ・冬支度 blog: そうめん温泉でした

2010年08月31日

そうめん温泉でした

少し前の話ですが、8/22は新装開店したばかりの
パートタイムブックセラーズにて
「そうめん温泉Vol.2」を開催しました。

いつもは2階のイベントスペースでライブをしているのですが、
この日は、流しそうめんもある事だし思い切って
1階の本屋のスペースをステージに仕立ててみました。
店の入り口のドア(窓?)を外し店内で演奏する模様を
店の外から観てもらうという少し不思議な形態。
午後からは店の前は上手い具合に日影になって
店の前の大通りに風が吹き抜けるんですよね。

そんなステージで演奏があって、
DJなかぐちさんとDJマコさんの
セレクトした音楽を聴きながらそうめんとお酒を頂く。
そして定期的に流れるそうめん(=流しそうめん)。
お2人が夏に合わせた曲をかけてくれて、
イベントを盛り上げてくれました。
DJの方々の効果に深く納得した日でした。
こりゃテンション上がるわ。

さてライブは島田温泉さんから。
いまや僕の呑み友達でもある島田さん。
夏の縁側や蚊取り線香が似合います。
夏っぽいんですが、カラっとしてるというよりも
適度に湿り気があってその辺りが
実に日本の夏を感じさせるんですよね。
このイベントのテーマソングとも言える「そうめん」も聴けた。

続いて、月とミルクパン。
最近ライブを観るたびに新しい曲がことごとく自分のツボで
・のろのろ列車
・マイ毎日
・自分の感受性くらい
このラスト3曲は特にやられました。
いい歌詞書くなぁ。
いつも思うが佐々木さんは演奏中とても楽しそうで華がある。

我々冬支度は、
自分の関わるイベントの場合、
バタバタしてる間に演奏を始めて
バタバタと終わるという事が多いんですが、
今日は違いました。結構落ち着いて演奏できました。
店内から屋外を眺めながら演奏するというのはなかなか新鮮な体験でした。

曲目は、
1.なんにもない日
2.虫の音
3.こんな風に
4.恋するニワトリ(谷山浩子さんのカバー)
5.天気屋
6.浜辺
7.眠り羊が丘越えて

トリをかざってくれたのはセロテープスの皆さん。
男女ボーカルにアコギ、ウクレレ、ミニキーボード、
グロッケン、アンデス(鍵盤リコーダー)、フルート、
ノコギリ、ボンゴ、リコーダー
それらの楽器を涼しい顔をした4人が演奏する。
東京在住の2人と大阪在住の2人。
遠距離バンドで決して練習量は多くないけど、
不思議と一体感があるんですよね。
この丁度良い感じの湯加減は出そうとしても出せない。
またライブが観たいですが、
このままだと次のライブは一年後の
「そうめん温泉Vol.3」になりそうですので、またお誘いしたい!

そのためにも来年はやはりクーラーは必須だなぁ。