アコースティックデュオ・冬支度 blog: 冬越えコンサート 相合傘編

2010年06月21日

冬越えコンサート 相合傘編

日曜はコレクタブルブックストアで
「冬越えコンサート 相合傘編」を開催しました。

この日は雨の予報が見事に曇りに(助かった〜)。
今年に入ってライブの日はまだ雨降らず。
去年は「また雨!!」みたいな事が続いてただけに
非常に嬉しい!
雨の中、楽器を運ぶのって大変なんですよねぇ。

雨降ってないんで自転車でおっつらおっつらと
コレクタブルまで向かいました。

リハを終えたら丁度開場時間の10分ほど前。
大慌てで椅子を並べ、
昨晩、選曲してiPodに入れておいたBGMを流す。
この日の1曲目は久保田真琴と夕焼け楽団の「ラッキー・オールド・サン」。
「相合傘編」なんで雨の曲ばかり選曲しようかと思ったんですが、
選曲途中でめげて止めてしまいました。
んなもんで好きな曲を好きなだけ流すといういつものパターンに。
このBGMの選曲ってのが楽しくてですねぇ。
こういう部分も手作りイベントの醍醐味の一つですよ。

開場10分ほどして流れてた曲を聴いた出演者の水田十夢君が
「これいいですねぇ!」と言ってた曲がありまして。
それは先月のコレクタブルのライブに出演してくれた
丘本浩一さんの「上塗り」という曲。
いい曲なんですよねぇ。

開演時間にはほぼ満員御礼状態で
トップバッターの我々の演奏開始。

いつもコレクタブルのライブのPAを手伝ってくれる
村上カマさんとセロテープスのかさいさんが
この日のPAスタッフとして助けてくれたんで、
音響も良い感じで心強い!

お店の方々とこのお2人のサポートのおかげで、
ここコレクタブルでの
ライブイベントを続ける事が出来てるんですよ。
こう書くと綺麗事のように聴こえますが、
実際、本当に助けて貰っています(感謝です!)。

月一で昼間のライブを続けてるんで、
明るい所での演奏にも慣れてきたのか
自分は緊張しませんでしたが、斉藤はえらく緊張したらしいです。
いつもは大体自分がガチガチになるんですがね。
途中、窓の外から聞える選挙の街宣車のウグイス嬢と
セッションしつつなんとかやりきりました。

演目は↓
1.座りにいこうか?
2.なんにもない日
3.車窓
4.虫の音
5.歳をとるのも
6.一喜一憂(高野寛さんのカバー)
7.こんな風に
8.天気屋
9.浜辺

冬越えコンサートで毎回設けてる(授けてる?)
「出演者各々が持ち時間で決められたテーマのカバー曲を披露する」
という企画。
今回は「相合傘編」という事で「雨の曲」。
我々は高野寛さんの「一喜一憂」という曲をカバーしました。
演奏中、5拍子が途中で訳分からなくなってヒヤヒヤしましたが
なんとか無事終了。汗かいたー。

続いて「よねみちさん」こと米田みちのぶさん
ベースに水田十夢君をむかえ2人で演奏。
よねみちさんはアコギやウクレレを弾きつつ。
甘酸っぱい声を響かせる。
2人でコーラスのハモリをばっちり決めたり
ずっと一緒にやってるような安定感!
是非ともまたライブを見たいです。
そうそう、よねみちさんが2.3日前に見に行った
小沢健二さんのライブで購入したうさぎのTシャツを
着てたんですよ。羨ましい!

トリに増家真美さん+水田十夢さん
個人的に好きな曲「あたしは蝶」が聴けた!
「この曲好き!」と言っておくもんですねぇ(笑)。
少し新アレンジでこれまた新鮮。
息子君がお腹の中にいる頃に作った
「虹」という曲を歌ってるとき、
ついつい会場にいる息子君の顔をチラチラみてしまう。
自分の事が歌われてるとは露知らずなのか
キャッキャとしてました。実に子供らしくて良い!

最後に出演者全員ではっぴいえんどの「相合傘」を。
グルービーなベースとよねみちさんのバンジョーウクレレが
気持ちよくそのまま大団円!

ご来場頂いた方々、ありがとうございました!!


片付け後、みんなで打ち上げ。
カラオケのある個室の居酒屋で前半はトーク。
後半はカラオケ大会。
生中198円、たこわさび98円は安い、いぇい!



次回の冬支度のライブは7/11(日)の15時〜
再びここコレクタブルブックストアです!

きっと楽しいはず!!