アコースティックデュオ・冬支度 blog: 「靴音までメロウに」

2010年05月18日

「靴音までメロウに」

この前の日曜日はコレクタブルブックストアで「靴音までメロウに」。

我々冬支度はトップバッター。
5月も半ばだと窓を閉めきってると場内暑い暑い!
久しぶりに汗をかきながら歌いました。
そろそろ新曲作らないといかんです。

この日の曲目は・・・
1.草スケート(マンドリン)
2.なんにもない日
3.虫の音
4.車窓より
5.こんな風に
6.歳をとるのも
7.天気屋
8.浜辺


続いて丘本浩一さん。
丘本さんとは2年ぐらい前に始めて共演して
その後も何度か共演させてもらってたんですが、
初共演の頃よりも更にグルーヴィーになっていて
気持ち良かったなぁ。
僕が好きな「上塗り」という曲やはっぴいえんどのカバーも聴けた!
そんな丘本さんは昼間に演奏するのはこの日が初めてなんですと。
同じ曲でも会場が変わるとまた違った雰囲気に聴こえるもんだなぁ、
と思いながら自分は演奏を聴いていましたよ。

お次は深田ちひろさん。
深田さんがギタレレを弾きながら歌いだした途端に
場の空気がゆったりと変化しました。
淡々としたギタレレの音色と透き通った歌声が
ブリティッシュフォークの隠れた名盤を聴いているような
そんな雰囲気を醸し出していました。
Vashti Bunyanがお好きというのも納得。
今回、お声をかけさせて貰うにあたって、
「この人は絶対にコレクタブルの雰囲気に合うはず!」
と確信してたんですが、
やはり雰囲気ピッタリ!間違いなかったですね。
よって是非ともまたご出演頂こう!エヘヘ。

トリに鈴木数字さん。
2月にコレクタブルで共演して以来、再び同じ場所で。
まず数字さんお一人で2曲弾きがたった後、
丘本浩一さんとのデュオで演奏。
聴きなれた楽曲が丘本さんのボサノバギターのアレンジで
原曲とはまた違う口当たりに。
名曲「非常口」は、ネタも繰っていて
見事にトリに相応しい盛り上がりっぷり。
コレクタブルで初めてのアンコールも飛び出した!
2人のデュオ、これで終わりにするのは勿体無いですなー。

2人の演奏を聴いてたら、
Tom Jobim & Elis Reginaのこの曲の後半の掛け合いを思い出したのでした。

(この曲、目茶好き)


そうそう、終演後にお客さんに
会場で流れていたBGMの事を褒められたんですよ。
ライブの前日に楽しんで選曲してるんですよ。
これまたエヘヘ。