アコースティックデュオ・冬支度 blog: おっす!オラ

2009年08月22日

おっす!オラ

駅前の餃子の王将で持ち帰りの料理を待ってた時の話。
20代半ばのお兄ちゃんが自分の前を横切って行きました。
右手には焼きそばパンを、
左手には500mlのパックのフルーツ牛乳を持って
それらを頬張りながら足早に。
焼きそばパンとフルーツ牛乳という組み合わせが
遠い昔の学生時代の帰り道の買い食いを想いださせ
どこかむず痒いような懐かしい気分になりました。

ちょっといい気分で家に帰り、王将の炒飯と餃子を食べたら、
やっぱりこっちで正解。
しかしフルーツ牛乳って随分とご無沙汰だなぁ。


うちの近所の大通りで自転車を乗っていた時の話。
前から髪が長くてキャップを被ったお体格の良い若者が
歩いてきました。
見るからにヤカラ風の若者で
友達と二人でキャッキャとはしゃぎながら歩いてきます。
面倒だから関わらないようにしようとそのまま自転車を進めたら
その若者は、あらまこの人でした。
あぁ驚いた。
もっとこじんまりとした人かと思ってたら結構大きいんですね。
自分が言うのもなんだけど。


冬支度のライブの予定が途切れたんで
その間に何曲か新しい曲を作っています。
毎度の事ですが歌詞が出来ねぇ。
歌詞書く作業って学生時代の宿題を思い出すんですよね。
要は面倒な作業って事ですよ。
「どこからか降りてきて気付いたら筆が止まらなくなった」
なんて人もいるみたいですが、
自分は残念ながら選ばれた人間では無いようで
ひねっても唸っても何も出てきませんわ…。
次のライブに新曲出来てたらいいのにねぇと
他人事のように言って今日はおしまい。明日頑張ろう。