アコースティックデュオ・冬支度 blog: テルミンとアコギで

2008年10月22日

テルミンとアコギで

先週末は、テルミン奏者の友人と二人で、
スタジオで練習してきました。
演奏した曲は、ケルト音楽を奏でる
アメリカ人のバンド「SOLAS」の
「doireann's waltz」という曲。

入ったスタジオには結構大きな窓があって
ロビーからスタジオ内が結構丸見え。
窓越しから見える「テルミンを演奏する姿」は、
なかなかエキセントリックなようで、
ロビーで休憩する人が遠慮がちに覗き込む。

練習内容ですが、
二人とも初練習だけに予習はバッチリ、
滞りなく演奏できました。
もっと難航するかと思ってただけに
予想外に持て余した時間をだらだらトークで埋める。
トータルで10回近く演奏して練習終了。

冬支度もそうだけど、
二人で演奏するのが一番やりやすいなー。

帰りに京橋駅前の中華料理屋で旨い餃子を食らう。

今日の練習の出来からして、
「こりゃ本番直前に一度スタジオに入るだけでいいね」
と言う事に相成りました。


本番の「テルミン発表会」は、
11/29(土)、本町・綿業会館でお昼の14時〜です。

めちゃ良い雰囲気の建物ですよ。