アコースティックデュオ・冬支度 blog

2017年07月24日

阿倍野ギャラリー流流までのルート

冬支度が前々からライブやライブイベントを開催させて頂いております大阪は阿倍野にありますギャラリー流流。8/6(日)にも東京から中村ジョーさん、京都から松ノ葉楽団の皆さんをお招きして冬支度と3組で『靴音までメロウに』を開催します。

会場のギャラリー流流の最寄駅は大阪市営地下鉄 谷町線 阿倍野駅。そこからギャラリー流流までどのルートが一番分かりやすいか?自分なりのルートを写真と共に。


大阪市営地下鉄 谷町線 阿倍野駅、
6番出口を出たら
1.jpg


右手に『アムール阿倍野』『週刊文春』の看板が見えます。
その大通りを真っすぐ歩いていきます。
2.jpg


真っすぐ歩いて行くと右手に『冷やしざるそば』の看板が。
もう少し真っすぐ歩いて行きましょう。
3.jpg


右手に見える『阿倍野警察署』を越えたらすぐ
4.jpg


先日までファミリーマートだった
テナント跡が見えますのでそこを右折。
(そのうち新しいお店が入ってるかも?)
5.jpg


右折した通りの風景。
真っすぐ歩いていきます。
6.jpg


この通りは『丸山フラワーロード』と言うんですね。
7.jpg


『ふれ愛丸山荘』の看板が見えたらそこを右折。
8.jpg


この路地の先、左手にギャラリー流流が!
9.jpg


ギャラリー流流に近づいてきました!
10.jpg


到着!
お疲れ様でした。
11.jpg


おまけ。
逆方向からもう一枚。
12.jpg


8/6(日)『靴音までメロウに25』
大阪阿倍野ギャラリー流流
出演
中村ジョー
松ノ葉楽団
冬支度
開場14時、開演14時半
予約2000円、当日2300円
(共に+1ドリンク代500円)
ご予約は、
fuyujitaku@gmail.com (担当:冬支度安田)まで「氏名・人数・電話番号」をご記入の上、件名「0806流流予約」でご送信下さいませ。予約確認メールをご返信させて頂きます。予約確認メールが届かない場合、お手数ですが再度ご連絡頂きますようお願い致します。携帯・スマホから送信される際は、PCメール受信許可設定をお願い致します。


2017年07月23日

『靴音までメロウにvol.24』atギャラリー流流 イノトモさんと

およそ二か月前の記憶を遡りましょう。5/28は阿倍野ギャラリー流流で冬支度ライブでした。流流10周年イヤー&冬支度presents『靴音までメロウに』の共同企画。今回ご出演下さったのは東京からイノトモさん。以前からイノトモさんの音楽が好きでよくライブを観に行っておりまして。ようやく実現の運びとなり決まった時から既に感無量感。感無量に「感」付けていいのかな?字面だけ見たら回文のような。逆から読んだら「ん」から始まってこりゃアウト。先を進みましょう。

イノトモさんは前日は名古屋「きてみてや」でお客さんからのリクエストを募るライブをされていて大盛況だった模様。当日、イノトモさんとその名古屋ライブを企画された吉田さんと流流の最寄り駅である阿倍野駅で待ち合わせ。ご挨拶をし流流までの道中。自分は常々、結構人見知りしない方だなぁなんて思っているのですがさすがにこの日は結構テンパってたなぁ。会話も何もかもドタバタしてたと思います、それはもう実に。昭和の雰囲気を残す下町の住宅街を歩き流流に到着。

リハーサル終わりにイノトモさんのお知り合いのスチョリさんが訪問して下さり、流流2階のギャラリー兼楽屋で団らん。流流2階ギャラリーは1階のライブ会場より広々としています。さながらドラマ『傷だらけの天使』のあのビルのよう。コンビーフをかじりたくなります。団らん中「2階でも何か出来そうだよねぇ」なんて話を。普段展示は2階で開催されておりますのでそんな時は2階も是非ご覧あれ。

お越し下さったお客さんで席も埋まり本日のトップバッター我々冬支度の演奏開始。普段の流流はマイクやPAを使用しない生音演奏スタイルですがこの日は満員御礼多数お客さんがご予約下さり。イノトモさんのささやくような歌声を最後列の席まで届けないととイノトモさんと流流店主西村さんと相談しマイク一本だけ使用する事に。イノトモさんはお一人でマイク一本。冬支度のボーカルは二人でマイク一本。マイク使うのは、さぁどっち?そりゃ斎藤さんです。顔も小さいし声も小さい。人間はどっちだろ?先日の福井県gecko cafeでのリラックスした演奏とはうって変わって自分はあぁ緊張した。人が緊張する仕組みってどうなってるんだろな。そんなこんなで冬支度はフルートのインスト曲「眠り羊が丘越えて」で斎藤さんがフルート吹いて会場を練り歩き無事終了。この曲で斎藤さんが会場を練り歩きだしたのは結構前になりますが、ある日のライブで突然やりだしたんだからその時はそりゃ驚きました。

fuyujitaku1.jpg

続きましてお待ちかね、イノトモさんのライブ。こちらがリハの時からバタバタしてマイクの音量調整もイノトモさんにさせてしまいこれはもうとても申し訳なく思っております。演奏は曲やMCを含めて持ち時間全てで一つのステージを観せて下さるのがさすがなお方だなぁと唸りながら拝聴しました。小さなお子様が泣き出した時の立ち回りもお見事としか言いようがなく会場にいる誰もが不快にならない。イノトモさんと比べると冬支度は1曲1曲、発表会のようだなぁと今後の課題のようなものを頂きました。夜中に突然湧き出し歌詞を書きだしたという最近の曲がまた染みて。キャリアのある方が新たに名曲を作られるというのは凄く良いなぁと思いながら聴いておりました。

inotomo2.jpg

inotomo1.jpg

アンコールはイノトモさんと冬支度とでイノトモさんの『坂道』を演奏させて貰いました(イノトモさん歌とアコギ、斎藤フルート、安田マンドリン)。事前に「坂道を一緒に演奏させて頂きたいのですが!」と申し出たのは自分。昔からこの曲は弾き語り出来るぐらい歌もコードもばっちり覚えておりますからね。数日後イノトモさんがコード進行を送って下さりそれを見ながら弾いてみたら、あれ?自分が昔採ったコード進行、結構間違ってるな(汗)。そしてこの日の三人での「坂道」。そのアウトロではイノトモさんがアコギをかき鳴らしながらステージを離れ「ついてきてー」と。その声を聞いた我々冬支度もイノトモさんに後ろをついていき演奏しながら練り歩き。大団円。

inotomo fuyujitaku2.jpg

inotomo fuyujitaku.jpg

終演後、イノトモさんは物販のCDも数種類持ってきておられ、またそれが気持ちよく売れておりました。でも自分は買いませんでした。何故かって?全部持ってるんです。

inotomo fuyujitaku cd.jpg
どちらもジャケ画は眼福ユウコさん作。


次回、冬支度のライブは8/6(日)、同じく流流にて『靴音までメロウにvol.25』。東京から中村ジョーさん、京都から松ノ葉楽団の皆さんをお誘いしてスリーマンライブです!



8/6(日)『靴音までメロウにvol.25』
大阪 阿倍野ギャラリー流流

出演
中村ジョー
松ノ葉楽団
冬支度

開場14時、開演14時半
予約2000円、当日2300円
(共に+1ドリンク代500円)
ご予約は、
fuyujitaku@gmail.com (担当:冬支度安田)まで「氏名・人数・電話番号」をご記入の上、件名「0806流流予約」でご送信下さいませ。予約確認メールをご返信させて頂きます。予約確認メールが届かない場合、お手数ですが再度ご連絡頂きますようお願い致します。携帯・スマホから送信される際は、PCメール受信許可設定をお願い致します。