アコースティックデュオ・冬支度 blog

2017年05月27日

5/28でのライブに向けての練習やら

水曜日は冬支度の練習曜日。な訳で水曜は夕方から福島区のスタジオで練習をしてました。今週日曜のイノトモさんをお招きしての『靴音までメロウに24』。それに向けての最終練習。スタジオの前に自転車を停めていたら斎藤さんも到着。階段を上がり玄関のドアを開けたら「あ!」。スタジオのロビーにのこぎり奏者の垣井しょうゆさんがおられ「こんにちはー」とご挨拶。以前からスタジオで時々お見掛けしており、いつお会いしても目がキラキラしておられる。そして冬支度練習は冒頭にさっと選曲をして斎藤さんがホワイトボードに書き込みその順に演奏していく。夕方からの練習ゆえ、結構ぐったりしながら椅子に座ってアコギを抱えアコギに持たれこみ、演奏中に何度かうとうとしかけたり。

7/2のカニコーセンさんとの難波屋ライブ以降、9月10月はありがたくもお誘いを頂いているのですが8月は白紙状態。月一はきっちりライブしていきたいところ(できればもう少ししたい)。まぁ白紙なら自分達で予定を書き込めばいいかの冬支度。自主イベントをするのが向いてる人、向いていない人、がいるなら冬支度は極端に前者かと。斎藤さんといつどこで何方をお誘いして開催したいか意見を出し合うも結論出ず、もう少しじっくり考えようという流れもよくあるパターン。そして練習終わりにセットリストが書かれたホワイトボードを撮っておく。マジックのインクが死にかけてたので当日どの曲をどの順で演るのやら? 白紙です。

P_20170524_192108.jpg

【注!】
今週末、5/28(日)阿倍野流流での『靴音までメロウに24』。生音ライブの予定をしておりましたが、現在多数ご予約下さっておりまして。後ろのお客様まで歌声が届きますよう、当日のリハーサルでの具合次第でマイクを使用させて頂く事になるかもしれません事、何卒ご了承下さいませ。残席僅か。ご予約受付中です!


2017.5.28 [日]
流流10周年year企画 冬支度presents
『靴音までメロウに vol.24』
大阪 阿倍野 ギャラリー流流

出演
イノトモ

開場 14:00 開演 14:30
料金 
予約2,300円/当日2,500円
(共に+1ドリンク代500円)

ご予約は、
fuyujitaku@gmail.com (担当:冬支度安田)
まで「氏名・人数・電話番号」をご記入の上、
件名「靴音24流流予約」で
ご送信下さいませ。
予約確認メールをご返信させて頂きます。
予約確認メールが届かない場合、
お手数ですが再度ご連絡頂きますよう
お願い致します。
携帯・スマホから送信される際は、
PCメール受信許可設定をお願い致します。


2017.7.2 [日]
『ひるひなか、難波屋で』
西成 難波屋

出演
カニコーセン
冬支度

開演 14:00
お店は朝8時より開店しております。
投げ銭制(要 注文)


2017年05月24日

福井県gecko cafeでの冬支度ワンマンライブ

先週日曜は冬支度、福井県越前市のgecko cafeでワンマンライブをさせて貰いました。gecko cafeでのライブは二度目。今回は冬支度のフライヤーをデザインして下さる青山円さんの画展『mountain』の会期中イベント。大阪駅から特急サンダーバードに乗って福井県は武生駅まで。大阪駅から武生駅まで1時間40分で着くんだから、想像するよりずっと近いんですよね、福井は。青山さんが駅まで迎えに来て下さっており車でgecko cafeへ。この道中も二度目になりますと景色も結構覚えてるもんです。途中、とても古くて良い雰囲気の酒屋が三軒ほど並んでいて凄く気になりました。レトロ風ではなくほんまもんのレトロな方。それが並んでるなんてビンゴ一列揃った気分。
P_20170521_134145.jpg

gecko cafeに到着。お店に入り店主さんにご挨拶をし只今展示中の青山さんの絵を拝見。展示する絵の数が少なくて、と事前に聞いていたのですがいざ行ってみると店内の全ての壁中に沢山絵が飾られており圧巻!。大阪から観に来て下さった方や、自分が学生時代にバイトしていた大阪のラーメン屋のバイト仲間(現在福井在住)が観に来てくれたり。お店の常連さんや青山さんのお知り合いの方々もお越し下さり店内も盛況な中、演奏スタート。

DAWq_e6UMAE_e1e.jpg

DAVSiUTUQAAfl8g.jpg
窓越しにライブペインティング

普段アコギを弾いていて、日によってなんか今日は調子がいいな、悪いな、みたいなのが自分はあるのですが。この日は、なんかめちゃ指動く!みたいな一番好調時のやつや、と。要は緊張してるかどうかで、緊張は必要なのかもしれませんが、自分の場合緊張するとそれがネガティブな方に向いちゃうもんで極力緊張したくないんですよね。ライブ始まったら今日の自分は緊張でガチガチになってない。そんなで「打率4割狙ったる」と調子に乗ったら調子に乗り過ぎてそれなりにきっちりミスもしたり。斎藤さんも体でリズム取りながら歌ってて、前までは微動だにせず歌うタイプだったのに、最近無料のボーカル講座があったから参加したらしいし、この人なんとなく自覚的になってるのかな?この日PAをしてくださった吉村さんは寡黙な職人のような方で黙々とばっちり音を作り上げて下さり演りやすかったのはこのPA術のおかげかなとも思ったり。

DAXFO3nUQAA_yVx.jpg
オタ芸?

DAWuH8_UAAQXiKu.jpg
描いてる側からみた絵

開演前、終演後の店内BGMは青山さんがblog『レコードは果てしなく』のおおいしけいすけさんに選曲を依頼して下さっておりまして。さすがのまったりメロウな選曲。いい仕事ー。

P_20170521_155628.jpg
セレクトCD-R。青山さんが作ってくれたチケットと共に。

終演後、お店の方とお客さんが冬支度さんは昼間が似合いますねぇなんて言って下さり。確かに冬支度は昼間にライブをする事が多いし実際夜のライブより昼のライブの方が観に行きやすいというお客さんの意見もたまに聞いた事があったり。自分達も結構昼間やるのは好きですし集客には小規模ながらそれなりにこだわっていたいという気持ちは常々ありまして、こだわっていても動員というのは水物。あかんかったなぁという日もありますが、今年に入ってからは結構毎回盛況でありがたくも手応えのようなものを感じています。でも分かるってるんです。こういう時調子に乗りすぎて大ハズシしてしまうのが自分なのだと。気をつけろー。

P_20170521_182744.jpg

打ち上げは青山さんセレクトの居酒屋で。「大衆割烹」と銘打ってあり、この言葉は今まで聞いた事のない珍しい言葉ですね。店内は満員状態。北陸というのは魚介類が美味しいという印象があるのですが、やはりここでもお刺身の美味しい事。刺身のツマが千切り大根ではなくて千切りキャベツやレタスで。これは福井流ですか?いえこの店独自の盛り付けです、と皆で話すもそのキャベツが口に合ったのか旨いなぁと妙に進み。皆で平らげてしまいました。そして馬刺しやら串カツやらゴーヤチャンプルーやらどれも旨しのフュージョン感。

そんな感じで福井県gecko cafeでの旅ライブも終了。帰りのサンダーバードが途中停車し20分ほど止まったままに。車内に流れたアナウンスによるとこの一本前の列車が鹿と激突したんだとか。なんとか大阪駅到着し環状線を待っていたら今度はまた違った理由で4分程列車が遅れますと。楽しんだ分、ただでは帰してはくれませんね(*´з`)

青山円さんの個展『mountain』はgecko cafeにて5/29(月曜)まで開催しておりますので是非!

次回冬支度のライブは5/28(日)14時〜、阿倍野流流にて東京からイノトモさんをお招きしてのツーマンライブ!


【第一部】
1.座りにいこうか?
2.こんな風に
3.浮かない顔して
4.つかの間の旅
5.走馬灯
6.彼方
7.恋するニワトリ(谷山浩子さんのカバー)
8.歳をとるのも
9.車窓より

【第二部】
10.なんにもない日
11.夢のまた先
12.六月のパーティー
13.消えてく
14.虫の音
15.ふられるおんな
16.眠り羊が丘越えて
17.天気屋
18.浜辺

【アンコール1】
19.桜の見ごろは終わったみたい

【アンコール2】
20.ヒッチハイク・オールドハイツのテーマ

2017年05月23日

LIPIJAへ、長野友美さんのレコ発ライブへ、

ブログ書くのいつ以来だろな?これはもう気にせずしれっといきましょう。

この週末の私。土曜は昼過ぎにJR天満駅前のLIPIJAまで。冬支度が時々ライブをさせて貰っております恵美須町のガレージ居酒屋 あなぐま亭。そのあなぐま亭のスーパーバイザー的存在のタコさんと待ち合わせ。先日ゑでぃまぁこんさん、yojikとwandaさんにご出演頂いた『靴音までメロウにvol.23』にタコさんとLIPIJAの矢野さんがお越し下さいまして、そのお礼もお伝えしたく。そして秋口にライブをさせて貰えそうでそのご挨拶と打ち合わせも。店内に入ると「よぉ」ってな感じでカウンターにタコさんが座ってらっしゃる。矢野さんはとても気さくな方。お腹が減っていたのであいがけカレーを注文し、こりゃ辛旨!ヒーヒー旨いとながら打ち合わせを進める。その後タコさんと色んな話を。冬支度の歴史を振り返っていくと、タコさんがご紹介下さり繋がる事が出来たお店があなぐま亭であったり、そのあなぐま亭でのライブではいつも観に来て下さったり、タコさんがされていたお店でもライブをさせて貰ったり。そして今回LIPIJAでのお話を繋げて下さったり、要所要所で縁を繋げてくれる方なんです。

P_20170520_140859.jpg

そして夜は雲州堂で長野友美さんのCD発売記念ライブ。普段はお一人でアコギ弾き歌う長野さんもこの日はスペシャル版。コントラバスにふちがみとふなとの船戸さん。ギターに栗本英明さんを迎えてのトリオで。声とギターがあれば場の雰囲を一瞬で変える事の出来る長野さんですが、そこに他の楽器が入るとそれはそれでまた違った味が出て聴きごたえがありました。船戸さんが演奏中、終始ニコニコしながらコントラバスでやばいフレーズを弾くのですが、それが自分はとてもヤバいものを見ているような気がしてきて。例えば笑いながらナイフを隠し持ってそうな、そんな凄みを感じました。栗本さんはエフェクターを多用したアレンジの要になるようなフレーズを挟みアレンジを広げていく。エフェクターにあまり馴染みのない自分はあの音はどうやって出しているんだろうか?興味津々でした。エレキギター弾いてみたいなぁなんて前からちょっと思ってるんですよ。

20170520_194739886.jpg

今回は長野さんが描いた漫画が貰えるってんで勿論それも頂きました。80年代のフリーペーパー風で長野さんは歌も歌えりゃ絵も描ける多才な人だなぁと思わず頷き。絵が描ける人、モノマネが出来る人、手品が出来る人は海外に旅行に行ったら現地の人に凄くウケるんじゃないかな?と、それは常々思っている事で。自分はそれらが全くなので羨ましく思います。 話が脱線しました。ライブは終盤に向かって3人の演奏がぐいぐいと盛り上がっていきエンディング。アンコールは長野さんが一人でアコギは持たずアカペラで2曲。途中感極まってうるうるとなりつつも最後まで歌い切り深く深くお辞儀をし大団円。レコ発ライブというのはやはり記念日のような特別なもので。最後まで上手く行くといいな、なんて勝手な親心のような感情が沸いてきたり。そういうのもまたいいな、なんて思ったり。結論、いいですね、レコ発。

この翌日、日曜は冬支度福井県gecko cafeでワンマンライブでした。
殆ど書きましたから残りを書いて明日掲載します!


【この先の冬支度の予定】

2017.5.28 [日]
流流10周年year企画 冬支度presents
『靴音までメロウに vol.24』
大阪 阿倍野 ギャラリー流流

出演
イノトモ
冬支度

開場 14:00 開演 14:30
料金 
予約2,300円/当日2,500円
(共に+1ドリンク代500円)

ご予約は、
fuyujitaku@gmail.com (担当:冬支度安田)
まで「氏名・人数・電話番号」をご記入の上、
件名「靴音24流流予約」で
ご送信下さいませ。
予約確認メールをご返信させて頂きます。
予約確認メールが届かない場合、
お手数ですが再度ご連絡頂きますよう
お願い致します。
携帯・スマホから送信される際は、
PCメール受信許可設定をお願い致します。


2017.7.2 [日]
『ひるひなか、難波屋で』
西成 難波屋

出演
カニコーセン
冬支度

開演 14:00
お店は朝8時より開店しております。
投げ銭制(要 注文)